PAGE TOP

メークアップの神の手

TOPPAGE > まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の

まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の

まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミがあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。原因はわかっています。
日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。

幼い我が子と平日は二人で、休日は夫と伴に近所の公園で太陽の下、思い切り遊びます。早く出かけたいおこちゃまは自分の準備が終わるともう待てません。
ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でそのまま出かけてしまっていました。
でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。後悔先に立たずですから。
お肌の悩みと言えば、シミが多いことです。老化、紫外線による日焼けなどの影響で肌にメラニン色素(シミやほくろの原因にもなりますが、髪の色を黒くしている色素でもあります)が沈着するからであって、シミがあると、実際の年齢より上に老けた感じを感じさせてしまいます。
シミが顔にできてしまったらひどく気になってしまうものですが、肌の手入れで予防することもできますし、生成されてしまったメラニン色素(シミやほくろの原因にもなりますが、髪の色を黒くしている色素でもあります)を減らすこともできるのです。
美容の技術は大変進歩しており、今や肌のシミすらも消してしまえる時代(どうしても現在よりも過去の方がいいという人が多いのは、きっと記憶を美化しているのでしょう)が来たのです。

シミを消す方法にはどんな感じのものがあるかというとシミ改善グッズの効果によりお肌にできてしまったシミの色素への効果を試してみるのと、美容外科でシミ除去のための施術をうけるという選択の二種類があるのです。
予算、所要時間などの都合を考慮して好きな方法でシミの除去を目指しましょう。



気になる肌のシミを防ぐには、実は、私立ちの体の内側に気を配ることも大切です。

特に、ビタミンCは美白効果をもつと言われていて、イチゴ、レモン、パセリ、ブロッコリーなどが多く保有しています。
それと、肌が乾いてしまうとシミの危険度がアップしますから、コラーゲンをたくさんふくむ、鶏皮、牛スジ、豚骨、うなぎなどを食べると、お肌がプルプルになります。また、食生活においては、シミのことだけを考えるのではなく、いろいろな栄養素を体に摂り入れることを考えるのもポイントです。
四季の変化同様、年齢もごまかしが聞かず、確実にやってくるものだと実感します。疲れていなくても出てくる目の下のくま、くすみや乾燥による翳りには、誰もが鏡の前で時間の経過を切実に感じているのです。お肌の弾力性やリフト機能が失われ、新しくできたシミやしわが次のシーズンにまで残るようになります。



紫外線対策をするようになっても、いままで日に当たっていた目元、額、首などの肌の劣化が気になるという人は多いです。
シミを綺麗に除去するためのケアも様々だとは思いますが、私に一番合ったのはプラセンタが配合された美容液を使ってのお手入れです。ひたひ立とお肌に浸透するのがしっかりと感じ取れます。

長い間使っているうちに濃かったシミが目立たなくなってきたので、シミができる前の肌に戻るまで使ってみようと思っているのです。
目たつ深いシミが肌にあり、消したい時に効果的な治療法は、皮膚科によるシミ取りレーザーやケミカルピーリングと言えます。

これらの治療のいい点は見るからに効き目が分かり、施術を行ったその日にシミが消えるのを確認できることになります。シミを消すのに病院までは考えてないのなら、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーに置いてあるシミ治療薬を飲むか、ハイドロキノンという美白成分入りの専用化粧品でケアすることがシミ対策に有効です。私の母親は数年前からできてしまった顔のシミに頭を抱えていました。そのシミがどのくらいかというのはだいたい十円玉の大きさが一つ、もうちょっと小さいものがいくつか両頬に散乱していました。1年ほど前、母親の美肌(色々な化粧品をつけすぎると、かえってお肌にはよくないといわれていますね)友達より「発芽玄米はシミにいい」と聴き、すぐさま毎回のご飯に取り入れました。その結果、シミは薄れてきています。

肌荒れにいいお肌のケアのやり方のポイントは、洗顔・保湿の二つです。

洗顔についての注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)ポイントですが、とにかく肌をゴシゴシしないようにして顔の汚れを落としてちょーだい。顔をちゃんと濡らしてから、できるだけしっかりと泡を起こした洗顔料をのせて、泡で洗顔するようしてみてちょーだい。



洗顔料を絶対に残留させないように、きちんとすすぐことも大切です。



皮膚のスキンケアを丁寧におこなうか否かで、効果の差は激しく出ます。メイクがきちんと決まるかもお肌の状況が良いかどうかで決まってくると思います。
お肌の状態が良い状態でキープしておくためには、きちんとケアをすることが大切になってきます。

Copyright (C) 2014 メークアップの神の手 All Rights Reserved.